chiku chiku

袈裟仕立てのことを中心に書く日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日のこと。

今日の午後、おやつの時間に友人のオフィスにおじゃまする。
忙しい彼女を捕まえ、お茶をしながらの勉強会。
起業と補助金のことなどなど。
まぁ、私は勉強ってことより、付き添いみたいなもんですが・・・。
彼女の仕事のある部分ではちょこっと関わりもあるので、その話もしつつ。
そこから話はどんどん展開し、2時間ほどみっちりと。

一度帰宅し、珈琲をTHERMOSのボトルに淹れて、散歩。
もちろんその時もビジネスの話。
パン屋に寄ってパンを買って、近くの大学の構内で食べるつもりが、今日は日曜日。
見事にほぼ完売。
あきらめて、夕飯用のパスタを買うべくスーパーに向かう。
が、しかし。
からだがおかしい。

久しぶりの貧血の症状。
そうそう!
一昨日の夕方から調子悪く寝てて、昨日の午前中もぐったりだったんだ。
夕方からぼちぼちラクになって、今日は朝から普通に仕事してたので、忘れてました。

ビジネスの話は、私には畑違いも甚だしく、それもあって脳は酸欠になっていたのだな。
何度も足が止まり、私が動かないもんだから、知人はおんぶしてあげようか?とその度に言ってくれるけど、余りに申し訳ないのでがんばって歩く。

ふ~。
なんとか帰り着きました。
にゃはは。
貧血はもうほぼ改善されたと思っていたのでね。
急にいつものペースで行動したのは、失敗でした。
鉄剤も持ち歩かなくなってたし・・・反省点はたくさん。

今はもう大丈夫。
久しぶりのことだったけど、以前はよくあったことなのでまぁ平気。
でも、心臓が痛くなるとちょっと怖くなった。
つまりそれは、生きることへの執着の証拠。
うん。
それはいいことかもしれない。

さぁ、たっぷりと眠りましょう。


PageTop

もう満月!

ローチョコ作ろう!って思って、
そうだ!バレンタインデーまで日があるし、まず試作!
そう思っていたのはいつだったのか?
うまく作れたら、一番にあげようと思っていたチョコ好きの知人が、
「今日ってバレンタインデーやんなぁ。」と呟くのを聞いて、そのことに気づく。
(いつの間に?!)

夕方から読書しに、おこたに入りに来てた友人が、
晩ごはん食べてる時に「今日は満月だからのんびりしようと思っててん。」と。
(え。もう満月?)

最近、私は眠り過ぎているのか?
時間が経つのが早過ぎる。

この週末は雪で帰ってこれなかった息子。
次の週末までに、チョコを完成させよう。
息子が先月からはまっている、ラムレーズンのチョコ。
私がまず作ろうとしているのは、ラムレーズンチョコもどき(^^; だけど。

仕事が入って来るのと比例して、やりたいことも増えてゆく。
不思議な法則。
でもでも。
そういう時は集中力も増すからか、両方どんどんこなせてしまう。
これまた不思議な法則。

明日はピシッといこう!




PageTop

しんしんしん。

昨日のお昼くらいから降り始めた雪。
今日も朝からずっと降っています。
ほんとは昨日の夜には七番館に帰る予定をしていたのですが、もう一泊。
暗くなってから京見峠を行くのは、ちょっと気が進まなかったので。

それで、夜ごはんを食べた後から、仕事のつづきをやりだしたら…
思っていた以上に難しくて悪戦苦闘。
くぅーーーっと、なるので、珈琲を淹れたり休憩しようと思うのだけど、
結局止められなくて、ふ~っと息をついたら2時でした。

もう頭がいっぱいいっぱい。
やり終えたあとは、ほぉ~っとなって動けませんでした。
こんなことは、久しぶり。
怪我をして以来、こういうムキになるほどに仕事をすることはありませんでした。

眠ったのは、結局3時半くらいだったのか…?
メールをしてたら、起きてる知人がいて、メールは疲れるのでふとんにもぐって、真っ暗な中でSkype。
明け方5時に一度起きて、次に目が覚めたら9時でした。
もっと眠っていたかったのですが、雪だからか?起きだしてしまいました。

でも、どうもぼんやり頭が働きません。
昨夜、頑張り過ぎてしまったのか…?
年末から、息子→私→父→姉→父→母→…と、リレーのように続いている風邪が、また私のところへやって来たのでしょうか?

昨日のつづきをやり始めたのですが、どうも気が乗りません。
別の2種類の袈裟に取り掛かりました。
見本通りにつくるという南山衣と、天竺衣です。
まず見本の大きさを全部、帳面に書き記しました。
同じ反物からこの2枚の袈裟を作りますので、いり尺を計算し、どこでどの様に取るかを考えました。

今日はここでおしまい。
こういうぼーっとしている時、気が乗らない時は、絶対に鋏を入れません。
明日の朝から、シャキッとやりましょう。

昼まえから、ストーブの上でコロコロ。
焼いていたお芋さんを、今日のおやつに。
父も母もタイミングよく集まって来たので、一緒にお茶にしました。

さぁ。
暗くなる前に出発しましょう。
今夜はある企画の打合せです。
もう少し具体的にいろいろ決まって来ましたら、ここでお知らせするかもしれません。




庭からの眺め。
ずっと朝から、雪が降るのをながめてました。

PageTop

実家暮らし。

このところ、毎週末実家に来ています。
父は私が10歳のころまでは、勤め人でしたが、それ以降は母と一緒に袈裟の仕立てを始めました。
そして母は今も袈裟の仕立てをしています。
でも連携して仕事はしますが、基本的にはだいたいの担当が決まっています。
なので、仕事の担当者も納期もそれぞれ別で、それぞれ自分の仕事をしています。
もちろん重なる時もありますが、納期日が迫っていて忙しいとか…も、それぞれです。

なのでこうして実家に来て仕事をしていると言っても、父も母も私も単独でやっています。
昔は手伝ってくれる方が来られてましたので、仕事場でみんなでやっていましたが、今はお昼と夜のご飯を一緒に食べる以外は各自の自由。
何時から始めて、いつ休憩して、何時までやるか?それは皆、それぞれです。
自分のペースで仕事にかかります。
田舎は朝が早いので、うちのゆっくりとした朝の時間に、驚かれることもしばしばです。


私は平日は息子がいないので、食事の時間も決まってないし、全てにおいて自分の時間です。
けれどもこんなに自由にやってる実家でも、時間が来たらご飯の用意をして皆で食べて…と、ゆるいけど大切なルールがあります。
長い滞在は久しぶりのことですので、こういうことを忘れていました。

息子が小さかった頃、しばらく実家で世話になっていた時期がありますが、その時はまだアレルギーの完全除去食をやっていましたので、食べもののことでは、ずいぶんといろいろぶつかっていました。
今は、食べもののことだけでなく、いろいろなことが見えて来ましたが、あの頃はかなりピリピリしていました。
“同じ釜の飯を食う”ということがわかっていなかったのです。

あの頃から10年以上が経ち、息子も中学生。
両親も私も年齢を重ねています。
何をいつ食べるか?ということよりも、ともに心地よく過ごす時間の方が大切になってきました。
あの頃の自分を思い出すと、ムズムズしますが、過ぎ去ったことを考えても仕方がありません。
今の変化している自分でよかったことにします。

もう何年も前のことですが、「変わった!変わった!」と身近な人に言われました。
いい意味ではなく、悪い意味です。
変わったことが、いけないことのように言われました。
私は、人が素敵だな~と思うのは、変わるからだ!と思っていましたので、その人とは疎遠になってしまいました。
…その人には、うまく伝えることができなかったんだ!
ヘンなことを思い出してしまいました。
今なら伝えることが出来るでしょうか?


今日は雨があがってから外に出ました。
もわ~っとした空気で、2月とは思えない気温でした。
明後日くらいからぐんと寒くなる予報。

人も気候も変化があるからおもしろいのでしょう。
生きてるってそういうこと!


PageTop

日曜日だから日曜日らしく?!

昨日は起きてからだんだんと調子が悪くなって来て、起きてる時間より寝てる時間の方が長くなってしまいました。
おこたで仕事をしながら、しんどくなったら横になって眠り…
目が覚めたらむくっと起き上がって、仕事して…
でも。
結局、おおかた眠っていました。

休みと仕事との切り替えが苦手だと思っていましたが、そうではなくて!(それもその通り!ではありますが。)
家に居るときは仕事したいんだ!ってことに気づきました。
つまり、土日でも祝日でも、休みにするつもりは元々なかったってこと。

無理しているという感覚があまり(まったく!)なくて
手を止めることがいけないことのように、縫ってしまう。
布団にもぐって眠ってしまえばいいのに。

それでも午後は細切れに眠っていたし、
寝る前に息子にお灸をしてもらって、早々にぐっすり眠り、
今日はからだはだいぶ軽くなっていました。

朝から冷たい雨が降ったりやんだりの日曜日。
息子の用事に車を走らせ、ひとりの時はスープを煮込みながらちくちく縫って、
なんだか静かなゆっくりした日曜日でした。

夜ごはんは、ひさびさの持ち寄りごはん。
メインはサモサ。
それに合わせてインド風のトマトスープを煮込んでいました。

みんなに大きくなったと驚かれてた息子。
去年の夏休みまでは駐車場でボールを蹴ったり、バトミントンして遊んでたけれど、
今では部屋でギター弾いたりで、外で遊ばなくなったから、顔を合わさなくなってたのですね。
たまにはこんな風に大勢でごはんを食べるのはいいなぁ~。
いつもはそこそこに切り上げて、また仕事するのですが、今夜は最後までおしゃべり楽しませてもらいました。

こういう時間も必要。
日曜日は日曜日らしく♪


PageTop

ひきこもりの日。

ほとんど家でちくちく縫ってる私が『ひきこもりの日』と言うのも、おかしな話なのですが。
急に涼しく…と言うよりも寒くなって、先週の午後はずっとぐったりしてたことを思うと、
カラダの調子はずっといいはず!なのですが。
どうしたというのか?
自分でも理由がわからない。

な~んにもやる気が起こらない。
何をするにも、「めんどくさいなぁ~」って、カラダもココロも動かない。
低気圧のせい?
台風の前の静けさなのか、妙に静かで、どんよりと重たい雲から雨が降ってるから、まさにそういう日和なのだけど。

人と会いたくない。(いっつもほとんど会ってないやん!)
気分転換に出掛けるのも億劫。(いっつもほとんど出掛けてないやん!)

そんな私が『ひきこもりの日』なんてねぇ。。。

晴れでも曇りでも雨でも、毎朝起きたら窓を開け、玄関ドアも開け、風を通して掃き掃除。
すっきりしてから仕事にかかる。
毎朝することは、毎朝同じ手順でするのが好きなので。
ん?
好きと言うより、そうすることでココロは落ち着きカラダは目覚める。
もうそれは考えなくても自然にそうしているというのに、それすら!出来ない。

ずっと小さな時から私の中にいる、めんどくさがりの、ずぼらでわがままな自分がストライキをしているのか?
こういうことは、いつの間にかほとんどなくなっていたけれど、以前はこういうことがたま~にあったっけ。
こういう時は、なるべくなんにも考えないようにして、やりすごすより仕方ない。

自分の中にいる、別の自分なんて。
私が思うに、まさにそういう感覚なんだけれど。
バカなこと言ってないで、ただただ肉体が疲れているのでしょうから、休むに限る!ってことでしょう。

上にぐんぐん伸びなくても、静かに根っこを伸ばすことも必要です。

大きな欅。
この欅は樹齢200年。
最初からここで生えたのではなく、移植されたそう。
そうとは思えないほど、しっかり生きてる。
この偉大で圧倒される美しさ。
おっきいなぁ。




小さな私も、根っこを伸ばせば大きくなるよ~
と、ちょっと自分を励ます。

PageTop

秋の空。

稲刈りしました。

イセヒカリ一粒がこんなにいっぱい!
脱穀したら、数えてみようと思います。
何粒かな。

こちらは先日から干してるセイタカアワダチソウ。

花が咲く前に!と、どんどん追加中。


「セイタカアワダチソウ、セイタカアワダチソウ」と、
この長い名前を呪文のように、夏からずっとつぶやいていたので、いつもそばにいる人は、私のこと、ちょっと変な人と思っていたそう。
それが、一度お風呂に入っただけで、セイタカアワダチソウの凄さを体感!

「あそこにもセイタカアワダチソウ!」
「あ!あれもセイタカアワダチソウ!」と、
いろんな草花が生えてる中、それも似たようなオオアワダチソウやブタ草と見間違えることなく瞬時に見分け、刈りとって届けてくれる。

それで、どんどん干しているというわけ。
でも、この香り。
ちょっとビミョー。
苦い薬草のお茶なんかを、飲むのは平気なんだけど、においに敏感。
あまり好きでないなぁ。
時折、秋の風にふんわりのってくる金木犀の香りに救われる感じ。

それでも1年分!と思うとね、もっともっと!と干しているのです。
周りにアトピーの人がけっこう居るので、興味ある人には試してみて欲しいので。
息子のアトピーには、枇杷でずっとやってきたけど(その時はセイタカアワダチソウのすごさを知らなかった。)
痒みには、セイタカアワダチソウの方が効きそうだし、いろいろ効果が早く見られるんじゃないかな。

田舎に育っていながら、季節の仕事をなかなか出来ないでいたけれど。
そのことに対して、罪悪感っていうか、焦りみたいなものを感じてて…
もっと知恵あるおばあちゃん達に、いろんなことを習っておきたい!とか、
もっと自分でいろいろ出来るようにならないといけない!とか、
薬草がいつ、どこに生えてるか?それをどのタイミングで採取してどうやって保存し使ってゆくのか、とかね。
でも、気づけばいろいろ季節の仕事をやってるな。
よもぎやどくだみ、枇杷の葉に種に、梅や柚子もいろいろ、漬けたり干したり。
それに今年からセイタカアワダチソウも仲間入り。
ちょっとずつ、自分に必要なものを増やしてゆけばいいのだなぁ。

秋の空はどうして高いんだっけ?
同じ空のはずなのに、広く感じるし… ふしぎ。

なんだか、こんな秋の空を眺めていたら、
5日までにこの袈裟とあの袈裟を仕上げて納品し、その後はアレとコレと…って、どんどん頭の中のスケジュール帳を埋めてることが、とってももったいないことをしているように感じられて来た。

ときどき現実からふわりとはなれ、秋の空と同じように、どこまでも広がる空想の世界に行ってしまう~~~。





PageTop

イセヒカリと最近のこと。

稲穂が垂れてます。


うちに訪れる方皆さんの目に入るようになりました。
イセヒカリについて、いろいろ訊かれるようになりました。
来年は、もっと仲間が増えそうです。

私は、この方↓から分けていただきました。
http://happybirthcafe.naganoblog.jp/e1180463.html

これは、イセヒカリのお米一粒から育ったものです。
すごいです!


さて。
気づけば9月。

一気にブログをアップしました。
細切れの時間に、走り書きをしてため込んでいました。

私はもう何年も「暇だ~」なんてことは、感じたことがありません。
待ち合わせの時間に相手が大幅に遅れて来ようが、息子の買い物に時間がかかろうが、そんなことはちっとも構わなくて、そういうぽっかりと予期せぬ時間が生まれた時に何をするか?
したいことは、いくらでもあるのです。
もちろんそんな時のために、読めるかわからないけど読みたい本やら、記録ノートに、お返事用の葉書セット、もちろん筆記用具に手帳。
私のかばんはいつもパンパンです。(笑)

時間というのは本当に不思議なもので。
そう言えば、温度もそういうモノらしい。
感じる人によって違う。
あるようでないというか。
時間は伸び縮みするし、高温でも火傷しないこともあるし、低温で火傷することもあるそう。

あら。
話が脱線。

この約1ヶ月は、あっという間でした。
でも、思い返すとすごく時間が経っているような。

青森から帰った空港で、飛び込んできた第一報は、「母、吐血。入院。」
前夜、青森のホテルでは普通に電話していたというのに!

それからはちょっと大変でした。
母の看病。
治療のこと。
担当医の考え、看護師さんの対応、病院、日本の医療、療養食…。
考えなくてはならないことが、次から次へと出て来ました。

そして母の仕事と自分の仕事。
実家のいろいろと父のこと。(←これは息子に任せる)

肉体も頭も心も疲れてしまうと、何をしても時間がかかるし、しんどいのを無理してやってもロクなことはありません。
グルグル考え出すと、とんでもないことになります。
…でも考えないわけにはゆかない。

過ぎ去ってしまえば大したことはないんですが(^^;
まぁ、いっぱいいっぱいでした。

この数日は暑さが戻って来て、私の弱っちい心臓は更に弱り気味ですが。
でも。
朝晩は涼しいので、ちょっと散歩してます。

私にとって散歩はとても大事な時間です。
歩くことによって全身に酸素を送り、太陽の光を浴びて(夜の場合も多いですが)、水を飲む(←からだに水をやる感覚)。
こうして自分を育ててるのです。

暑さが戻って来たといっても、明らかに空気も光も違います。
秋です!
また毎日散歩です。

すっきり削いでゆきましょう。
頭もからだもシャープに。
心はゆたかに。







PageTop

真夜中のスタバ。

映画を観たあと、とてもまっすぐ帰る気持ちにならなかったので。
京都の街の、ちょっと端っこの遅くまでやってる駐車場のあるカフェ…
と言えば、ここしかない。



そう!映画。
私が映画館までわざわざ?行くなんてことは、滅多とないことで。
でも、周りの人たちの意見を聞いてると、映画館で観よう!と思ったので行って来ました。

はぁ。。。

どうしてこんなに話題になってるのか、
どうして、「いい!」「感動した!」と言われているのか?

さ~っぱりわからん。
感動の“か”も感じなかった。
むしろ、背景にある大きなものを強くはっきりと感じました。

やるせない思いが強くて、
でもそんな思いはどこにもぶつけられないので(カフェでも帰り道でも散々言い散らかして来たけれど)、
FBのいいねボタンも、書き込みも、全部ぜ~んぶ!削除して寝ました。

それでもオサマラナイ気持ち。

私は、ちゃんと生きよう!



PageTop

雨と雷と阪急電車。

八重のどくだみの花。


先日伺ったギャラリーでみつけた、葉っぱは確かにどくだみなのに、見慣れないきれいな花。
いったいコレは?!

ギャラリーのオーナーに訊いてみたら、八重のどくだみでした。
よくみかけるどくだみの花はちょっと苦手。
花の中心にある雌しべかな?アレがどうも…。
この小さな写真ではよくわからないでしょうが、その雌しべ?が目立たないので、全然違う趣きなのです。


さて。
今日は降ったり止んだりでしたが、梅雨らしく1日よく降ってました。
おまけに雷も。

こんな日は、心置きなくこもりっぱなしの私たち。
雨の音に消されるので、いつもより大きな音量で音楽を楽しみ、それぞれ好きなことをもくもくと。
お昼ごはんの後は『阪急電車』を一緒に観ました。
コレがなかなかよかった。
いつもは画面は見ずに耳だけですが、何度も手を止めて観てしまいました。

映画館は好きじゃないし、家で気兼ねなく笑ったり、つっこみ入れたりしながら映画を観る方が好きですが、映画はあんまり観ません。
こんな風に息子と映画を観るのは初めて?かな。

こうゆうのを、怪我の功名って言うんでしょうか。(違う?違いますね。)
棚ぼた?

ともかく。
何が幸いするかわかんないですね。

雨の日に、のんびり映画を息子と観るってのは、なかなかよい時間でした。
物語の内容について話したりはしないけれど、おなじところで笑ったり…
いつの間にか、同じ映画を観るくらい大きくなってましたね。

雨と雷とで、外の世界とはすっかり遮断されてしまったかのような小さな部屋で、幸せなひととき。
今日も穏やかな1日でした。
感謝。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。