chiku chiku

袈裟仕立てのことを中心に書く日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月。

昨日の夜おそく、少しだったけど降った雨のおかげだろうか?
今日はものすごくいいお天気。
太陽の光がまっすぐに降り注いでる。
洗濯を干しながら、空の青さに驚いた。
なんという青なんだろう?
みどりも眩しい。
ひと雨ごとに、わさわさと育つみどり。
いつだったか、悲しくなるほどに刈りとられ、寒そうだったいちじくが、いつの間にやらすごいことになってる。
花や野菜を『育てる』って言うけど、違うな。
育ててるのは、土と雨と太陽。



今日は、洗濯など家のことを少ししただけで、仕事もほとんどせずに過ごしてる。
仕事してないと、1日がなんて早いんだろう。

よく「いつだったら時間があるの?」って質問を受けるけど、年中仕事がある。
それでもどうやら、6月はいちばん忙しいらしい。
過去の記録などを見てると、そうみたい。
そして、ぐったりと疲れて7月は逃避行してる(年が多い)。

手帳の書き込みやこのブログ、日記を読み返していて傾向がわかった。
この6月は、今までにない6月で、私は元気だった。
いつもなら、6月は調子が悪くダウンしてる。
でも、ダウンせずに仕事が出来た。

納品を済ませたら、達成感と開放感で気分がよくなって、楽しくなって、やりたいことをどんどんやってく。
いつもの私なら、そう!
でも、25日に納品を済ませたというのに、そんな気持ちも、仕事する気持ちもおこらなかった。
ダウンはしてないけど、パワーがない。

ダウンしてるわけでもないんだから、やらなくちゃ!って気持ちがどこかにいつもあって、ちっとも休めてないことに気づいた。
今までみたいに体調が悪いわけではないけれど、1年のうちでいちばんしんどいのが6月。
きっとからだはしんどいのだ。

こんな時はアレコレ考えずに、ただ休めばいいのだな。
どこまでもめんどくさい私。






スポンサーサイト

PageTop

すすむ時間。

梅雨時季のしごと。

先週末にいただいた梅。
某お寺の農薬などまったく無縁の梅。
届けてもらった時は半分くらいは青梅で、どうしよっかな?と眺めてた。



梅酒?
もうちょっと追熟させて、やっぱり梅干?

でも。
仕事の手を止めることが出来なくて、風が吹くととってもいい香りがするので、それをいいことにそのまま時間が経過。

いよいよ完熟。
数年前にもらって、ちょこっと使ってずっとそのままになってた氷砂糖を出してきて漬けることにしました。

うちの部屋に時計はないし、腕時計も持ってない。
月曜日の朝だけはアラームかけて起きるけど、それ以外の時は、“時間”を気にしてない。

だけど。
この時季にしか生らない実があり、この時季にしか手に入らないものがある。
このもわっとした、ともすればいや~な時季と感じがちな梅雨の時季だからこそ!のもの。
梅のしごといろいろや、ひと雨ごとにびっくりするくらいの勢いで育つ植物。
夜には蛍。

タイミング逃さないでね、漬け込むなら今!だよ。
蛍も見に行かなくちゃ!

そういう“時間”はひしひしと感じる。
ちくちく縫いながら、ほら、時間だよ!って声が聞こえて慌てる。

今日!がその時でした。
おいしい完熟梅のシロップになるには、またちくちく縫いながら眺め、時々くるくる混ぜてあげましょう。
私が時間を気にしてようとしてまいと、ちゃんと時間はすすんでて、おいしい完熟梅のシロップが出来上がります♪

この夏は、このシロップでかき氷を食べたいと思います。

PageTop

最優先仕事。

before


after


この週末は蛍を見に、祖父母の家に遊びに行ってた息子が日曜日の夜に帰って来ました。
そして、「リュックのポケットが破れてるから縫って~」と。
で。
内側も見せつつ、「こんなにボロボロだから、これも全部縫って欲しいんだけど。」と。
「出来るなら、内側にポケットも付けて欲しいんだけど。」と。

今夜中に縫ってしまいたい明日納品の仕事があるんだけど…と、頭で考えつつ。
来週末は修学旅行の合同ミーティングがあるので、この状態で2週間は持ち堪えられないな!と判断。
迷ってる時間はない!

パイピングするにもバイアステープはないし…
小さな頃に着ていたパジャマの生地を引っ張り出して来た。

ま、いいんじゃないか?!

昨夜はサッカー観ててあまり寝てない息子は、さっさと寝てしまった。
意見は訊けないけど、これでいいかな。




PageTop

蝮ドリンク。

違いました~。

Midi Apres-midi のケーキ。


法衣店の方が、
「はい!まむしドリンク!」
「さぞかしお疲れだろうと思って~。」
と、差し入れしてくださいました。

こういうことは、とってもうれしい。

甘いもの好き!だからではありませんよ。

仕事ですから、法衣店の方もいろいろです。
期日に間に合わせるのは当たり前のことですから。
ただ、仕立て屋のこともちゃんと見て下さる方と仕事させてもらえることは、有難いです。
徹夜明けの頭にも心にも沁みました。

仕事も人とのご縁です。
私はとっても恵まれています。

さぁ!
次の仕事にかかりましょう。




PageTop

やっとやっと完成!

本麻縁三筋縫仕立 九条袈裟


生地をお預かりしてから1週間。
無事に納まりました。

九条袈裟だけれど、いつもの七条袈裟分の生地しかなくて、ただ、ここの法衣店さんはいつも多めに生地を用意して下さるので、なんとか足りました。
端をおとした部分…2寸ほどの幅のものが少し残っただけで、ぎりぎりいっぱい使って仕立てさせてもらいました。

いつもの如法衣よりもずっと大きく、本麻は重たいので苦戦しました。
16日の法要に使われるということでしたので、宅配便の最終受付時間も調べてもらってのぎりぎり納品となりました。

いやはや。
久しぶりに徹夜でした。(汗)

だけど。
怪我する前はこういう仕事の仕方をずっとしてたな~ってことを思い出しました。
今は、ちょっとこんな風に仕事は出来ないからだになってます。

きっと、いいことなんでしょう。
自分のからだの声を聞く!ということは、私にとっては実に難しいことでした。
今も、無意識になってしまうと無理しすぎてしまいます。
なので、仕事ややりたいこと、休息、いろいろをどう組み立ててゆくか?
それについて、考えるようにしています。

PageTop

新作の詩集が届きました。

出来立てほやほや。


Mさんから詩集が届きました。

あんまり素敵なので、ご紹介しましょう。
と、言いましても写真だけ。
実際に手に取って読んでみて欲しいので。

ずっとMさんはパン焼き職人さんだと思ってましたが、本業は… ?
詩人? 
装丁家?


それから。
201図書室。
本が増えました。

PageTop

先日のつづき。

口中台。


大小ふたつを重ねて縫い合わせ、組み紐を取り付けます。
この紐をかがるのが、まだ苦手で。
かなりの時間を要します。

これは曹洞宗の大七条用。
宗派によってサイズや紐が違います。
これを、袈裟に縫い付ける場所も、縫い方もちょっとずつ違います。


PageTop

朝のお茶会。

Rさん手作りおやつ。


蓬の乳酸菌で作った豆乳ヨーグルトベースのクリームに、野いちごのっけて。
生地にもいろいろおいしい何かが入ってました。

朝、珈琲を淹れてたら、「いい香り~。珈琲飲みたい!」ってIさんが。
その会話を聞いてたMちゃんが「私も~」と。
そしてIさんのところに来たRさんも、「私もいい?」と、朝のお茶会が始まりました。

昨日やってきた、ほやほやの電子ピアノを弾く人。
本よむ人。
おしゃべりする人。
ちくちくする人。(←私)


こんな風に平日に集まったのは久しぶり。
今月はたくさん縫わなくちゃならないので、ほとんどこもって縫っています。
木曜日のもくもく会も復活しま~す。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。