chiku chiku

袈裟仕立てのことを中心に書く日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遅くなりました!

手すり完成!


ブログ読者の方から「あの手すりどうなったの?」と、訊かれて思い出しました。
完成した写真を載せるの忘れてました。

壁を抜いて初めて判ったコンクリの柱をどうするか?
頭を悩ませましたが、さすがボス。
山の中で木を探しながら、そして実際に彫り始めて、敢えてこういう形にしたそうです。

色も、階段や他の柱と同じ色に塗る予定でしたが、原木のままで。
風合いやさしく、あったかい感じに仕上がりました。

いかがでしょう?



スポンサーサイト

PageTop

見つけた~♪

天然酵母のあんパン。


以前、気に入って食べてたあんパンは、半年くらい前からなんだかがっかりな感じで、食べなくなってた。
それで、新しいお気に入りのあんパンをずっと探してた。

これ♪
おいしい。
パンもあんも。

実家に帰る途中に寄れるパン屋さん。
窓全開で、細い細い山道を抜けながら、パンを齧る。

こういう食べ方がおいしい!


PageTop

脱出成功。

お気に入りのカフェ。


私が行くのはランチタイムが終わる頃。
多分、それまでは大繁盛していると思う。
私が行くその時間に行けば、閉店の時間までゆっくりさせてもらえる。

京都にはいっぱいカフェがあるけれど、私が最近通うカフェはここ。
読みたい本を持ち込み、窓際の席を確保。

同じ左京区にあって、いつでも行けるところだけど、なかなか遠い。
仕事をほっぽりだして、飛び出す!までが難しいのです。





PageTop

絶品!

葱味噌パン。息子作。


「これおみやげ。」
と、差し出された白い紙袋の中にパン。

フライパンであっためて食べた。
めちゃうま。

いろいろ質問したいことはあったけど、他のことに夢中で質問出来ず。
中学校のチョイスに何があるのか知らないけれど、どうも料理とかやるクラスみたい。
これからも、おみやげあるかも~♪

息子は、家でごはんを作ったりはなかなかしないけど、餃子を包んだり、こうしてパンを上手に成型したり、私が教えるまでもなく、サクッとやっちゃう。
きのくにでやってるから。

子どもの頃に、「大人になって出来ないと困るから、今から少しずつやったら?」って感じで、色んなことを教えて来てもらったけれど、それって本当はどうなんだろ?
困った時こそ!考え工夫し、やってのけることが出来るから…
「べつに、困ればいいじゃん。」って、思う。

現に、私は何も教えてないけど、困ってる様子もなく生きてる。
息子は、出来ないことや初めてのことは、自分で考えてやってみるって性質みたい。


PageTop

ユキノシタ、見つけた!

ユキノシタの天ぷら作る。


春の山菜の天ぷらの中で、私がいちばん好きなのがユキノシタ。
Yちゃんの庭で見つけたので、もらった♪

蓬とすずめのエンドウと、菜の花も揚げて。
そしてこれまた大好きなハコベの味噌汁。
美味しい春の晩ごはん。

PageTop

ほっこりと。

チャイとバームクーヘン。


Yちゃんとのお茶の時間は、いろいろな意味で大切な時間。

時間は伸び縮みする。
自分でリズムを作り、感じ、時間の波に乗る。
コントロールしようと思ったら、けして乗れない。

うまく乗る秘訣が、こんな時間に隠されてる。


PageTop

まとめて仕立て。

先月から、どんどん送られて来ていた生地たち。


息子を送り出し、いろいろを片付け丁寧に掃除をする。
そうしている間に気持ちが鎮まり集中力が増す。
そうして、一気に仕事に取り掛かる。

浄土宗の天竺衣6丁。
真言宗の如法衣2丁。
曹洞宗の七条袈裟1丁。

PageTop

松ヶ崎の家。





昨夜は模型を作った。
時間がある時に作って欲しいと、設計図と用紙とノリが届いた。

時間がある時というのは、どう判断してよいものか?
袈裟の仕事を優先していては、ずっと手をつけることはないだろうし、結局のところ、袈裟の仕事以外のことをまずやってしまった方がいいのだ。
それで、サクサクッとやってしまう。

息子が保育所に通ってたとても短い期間、模型工房でアルバイトをしていたことがある。
姉が昔にバイトしていたその工房で、急ぎの大きな仕事があって声がかかったのだ。
その時姉は、もう教職についていたので、代わりに私が行くことになった。

美山の雪深い山の中にある模型工房に通うのはとても楽しかった。
模型工房をされてるAさんはとても面白い方で、二人でもくもくと手を動かしつつ、たくさんおしゃべりをした。
私の知らない世界のことをたくさん聞かせてもらって、いつも二人でケラケラ笑って、珈琲を何杯も飲んで、お昼ごはんを作って食べて、0.1ミリの誤差もないように緻密に模型を作っていった。

今こうして、そんなことが役に立ってる。
まだ本決まりではないけれど、こうして作っているとワクワク楽しい。
太陽の光がどちらから、どこまで射すか?
風がどう通るか?
ロフトからの眺めは?
この模型をお施主さんが見て、イメージ膨らむといいな。

PageTop

結び。

あたりまえのことだけど、生きてるということは、ほんとにすばらしいことで。
でも、あたりまえではなく、生かしていただいているということを感じ、感謝しつつ生きてゆくことができると、世界が違って見えてくる。

縁や運命、何か大きなものにゆだねるという心地よさ。
初めて知ったこの感覚。

ここに来れてよかった。

文字にするということは、感じたことを脳で考えて、文字に変換する作業。
なぜか“結び”って言葉が浮かんで来たのだけれど、それは私が感じた感覚。

ここに立ち、感じさせてもらったものは、私にしかわからない。
大きなものに包まれ、結ばれた感じがした。

五十鈴川2



PageTop

納品済ませたその足で。

ここまで来ました。


最後に海を見たのはいつだったか。
それも太平洋。
久しぶり。

この世の中のしくみは、とってもシンプルだと思う。
だけど時に、そんなシンプルなしくみでなく、色んな人の考えが混ざりあった、ややこしい渦に巻き込まれることがある。
今までがんばって来たことが、一気に崩れてしまいそうになって、くらくらする。

でも、こんな時こそ!
本当に大事なことが見えてくるように思う。

色んな人の考えや生き方が、あぶり出しのように見えて来て、自分の生き方を問われるのだ。
さぁ。
どうする?

変わらない。
根っこは自分で育ててゆくしかないし、自分で守ってゆかねば。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。