chiku chiku

袈裟仕立てのことを中心に書く日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おやつ。

今日もまた。

110831_1635~02


おいしいものをいただきました。

ミシンが故障中で仕事が出来ないから・・・と、Yちゃんが。
美味しいおやつを届けてくれました。

息子とふたりであっという間に完食!

ごちそうさま


スポンサーサイト

PageTop

幸せな音。

焼きたての音がする。

110829_1218~02

この音がすると、成功♪なんだそう。
知ってますか?
どんな音か。

オーブンで焼く時に、分厚い鍋に入れて焼くと、パンの水分が蒸発するのが防げて
外はカリカリ!
中はしっとりのパンが焼きあがる。

高温になってるので、オーブンから出して、
すぐに鍋から出すと、この音がする♪

捏ねないで、自家製酵母で低温長時間発酵。

そうすると、気泡いっぱいのパンになるんだそう。

いろんな加減で、どういう配合と配分だと、好みの美味しいパンになるのか?
そこに友人ははまってる。

パンがまだあるのに、次のパンを焼くわけにいかないからと、
パンを食べてくれる人を探してたんだって。

私の時間に合わせて焼いてくれました。

幸せな音と幸せな香り。

いつも美味しいものを食べさせてくれる。
それも私のカラダに必要なものを、ちゃ~んと考えて。

カラダに必要な栄養だけでなく、
ココロの栄養もたっぷりと。

本日の栄養補給完了!





PageTop

ワークショップ。

会場は美山かやぶき美術館。

110827_1414~02


美術のことと、クラッシック音楽のことのお誘いは、だいたい大阪在住のUさんから。
以前、コンサートでご一緒させてもらった方が美山で個展をされるということで、
予定を合わせて行って来ました。

そして、ワークショップに参加し、作って来ましたよ♪

110827_1514~02

モノ作りは好きなので、作るのは楽しいことはわかってましたが、
想像以上の音色に感激♪

カリンバ作家さんとしてがメインの個展でしたが、何がよかったって、この方の絵がすごくよくて!
11日までやってます。
ぜひ足を運んでください。
http://www.miyama-kayabuki.org/



PageTop

やけどが・・・

ふと見たら。

110826_2304~02


おおきな水ぶくれになっていた。
ヒリヒリはなくなってたから、気にしてなかったけれど、よくもまぁ1日割れなかったこと。

アイロンでやけどすることは、めずらしいことではないけれど、
こんなに大きな水ぶくれは初めて。
腕の肌よりも、この場所の肌の方が弱いみたい。

PageTop

なんてこった!

ネーム付けが完了したので、取りに来てもらうことにしたんだけど。

110826_1430~02


ネームの下に、法衣店のタグを更に取り付けることが決まったそうで。

じゃーん!!

110826_1430~04

仕事が更に増えた。

54+27=81

う~ん。
これを月末までに付けることは、問題ない。
問題なのは、現在進行中の、別の月末納期の仕事の中にどう組み込むか。
その時間をいかに作り出すかだ。







PageTop

やけど。

内側のくるぶしの横。

110825_2119~02

この写真ではよくわからないかな?
赤くなっているのだけれど。

今朝、調子よく仕事をしていたら、作業中にアイロンが机から落っこちた。
足の上に!
急いでよけたけど間に合わず

次第に増してくヒリヒリと刺すような痛み。
最初は大丈夫!って思うんだよね。

やけどはすぐに処置しなくてはいけなかったんだ。
ひさしぶりのやけど。





PageTop

ひたすら続く・・・

単純な作業。

110824_1119~02

ナンバーと伝票と名前を確認しつつ、取り付ける。

如法衣が届いた時はどうなることかと思ったけれど、作業を始めると無心になる。
ちくちく縫うことは、全く苦にならず、同じ作業を延々と続ける。

よかった。
すぐに飽きてしまったり、集中力が途切れたりしなくって。


ヨガをしていて思ったことだけど。
どうしてもできないポーズがあるんだけど、
それだけを練習するのではなく、
それとは関係なく、簡単なものも、得意なものも、なんとか出来るものも・・・
とにかく満遍なく、繰り返し続ける。
そしたら、ある日突然に、ひょっこりそのポーズが出来るようになってる!
本当に嘘みたいに、何の前触れもなく!

袈裟も同じ。
どんなに小さな単純な作業でも、丁寧にする。
縫いやすい生地も、堅くてなかなか針の通らない金襴も、
好きな作業も、苦手な作業も、
満遍なく、繰り返し続ける。
そうして続けているうちに、いろんな種類の袈裟を仕立てられるようになっていた。

“量質転化”

こういうことは、きっとヨガだけでなく、仕事だけでなく、
生きてると起こる、あれもこれも。
どれも、こんな感じなんだろうと思う。

だから、ひとつのことにココロを占拠させる必要などなく、
“満遍なく、繰り返し続ける”
こういう作業が必要なんだと思う。

この、満遍なく!ってことが、すごく難しいのだけれど。
ココロはどうしても、ひとつのことに占拠されがち。


PageTop

本金別織。

小野塚五条。

110823_2258~02

どの袈裟も、本金別織の場合、そういうタグをつける。

これは、小野塚五条の裏。

PageTop

届きました!

とりあえず、54丁。

110823_1429~02

震災の影響で延期になっていた、法然上人の八百年遠忌。

やっとネームの刺繍が出来てきたので、一度納品していた如法衣が帰って来ました。

110823_2217~02

これから全ての如法衣にネームを取り付けます。
月末までに54丁。
残り40丁は来月頭までに。

他の仕事もあるし・・・
いよいよ、調子が悪いなんて言ってられなくなって来ましたよ~。




PageTop

色いろいろ。

第80回目の職人を囲む会は、カラーアナリストの志賀國子さん。

110821_1058~02

色はいったいいくつあるんでしょうね?

1670万色って言われてたかな。

う~ん、名前がついてるかどうかだけで、色って、そもそも数えられるのかな。

私はレインボー療法で、七色のことや、中医学の元、陰陽五行のことが気になってたので、
それらとの絡みも見えてくるかな?と、興味津々で参加して来た。

病院の内装を手掛けられてることもあって、陰陽五行の話もちらほら。

でも、今日いちばん興味深かったのは“補色”の話。
補色というのは、色相環で、対向位置にある色同士のことで、
中学の美術で習ったし、日常的にも、誰でも経験していると思う。

赤の刺激を受けた場合、緑の残像が見えるのは、目を休める為に生じると説明されている。
そう!1つの色を見つめてると目が疲れるから、残像が見えるという、
脳の素晴らしい機能なんだと思う。


でもでも。
これらはすべて、作られた色!だから起こる現象。

古代染めをされてる方に教えてもらったのだけれど、
自然の色・・・例えば葉っぱの緑。
その緑の中にはいっぱい色が入ってて、1色じゃない。
もちろん、花の赤も、蝶々の黄色も、青い空も。
だから、自然のものをずっと見つめても、目は疲れないから補色は起こらないんだって。

自然もすごいけど、人間の目や脳もすごい!(人間も一応、自然のうちか・・・)

コンピューターの比じゃない!
瞬時の判断!

錯覚も含めて面白い。


なんだかまとまらないけど、色は“光”。
光があるから、色を認識してる。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。