chiku chiku

袈裟仕立てのことを中心に書く日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋の仕事

今年は柿が豊作だったのか、いろんな種類の柿をたくさんいただきました。
これは実家のくぼ柿。
大体は甘いのだけど、渋いのも時々あって。
全部渋いのや、半分渋いの、外側だけが渋いの・・・いろいろあります。

全部食べたいので、そういうのは干します。
柿ちっぷす。



静原の友人にもらった柿でつるし柿。
1本は、干し柿の好きな母に届ける予定。


これが出来た干し柿と柿ちっぷす。


渋い柿が、干しておくだけでこんなに甘くなるなんて!
太陽と冷たい風と・・・
誰の仕業なんだろう?

畑仕事は苦手だけれど、
梅や柿を収穫して、こんな風に保存食にするのは苦にならない。
っていうか、むしろ大好き。

こういう好みって、DNAに組み込まれているのかなぁ~。

スポンサーサイト

PageTop

ひさしぶりに、ふんどしちくちく。

麻と綿の生地。


今日は、七番館を3年?4年?前に引っ越してった友人に会うので、おみやげに縫ってみた。

私は親に袈裟の仕立てを習っただけなので、洋裁も和裁も専門知識ゼロ。
なので、ふんどしも袈裟の仕立ての要領で。

だけど、おんなじちくちくでも、なんか楽しい♪

この写真では糸の色まで見えないけれど、たくさんある糸の中から、
友人をイメージして選びだすのは楽しかったし、
袈裟では共糸で紐を取り付けるけれど、好きな色で取り付けると、
同じ縫い目でも、ステッチのようでかわいい♪

和尚さんで、ふんどし愛用の方をひとり知っているけれど…
多くのお坊さんはどうされてるんだろう?

法衣や神主さんの装束のカタログには、ぞうりや足袋、鞄も専用のが載ってるけれど、
ふんどしは見たことがないなぁ。

ふんどしご入用のお坊さまがおられましたら…どうぞご紹介ください。笑

PageTop

セイタカアワダチソウ。

干してます。


花が咲く前のつぼみのとき。
先から30センチ。

干して、ざくざく切って、お風呂にいれます。
水から入れて沸かします。

毒素をどんどん出してくれるそう。
アトピー痒み対策。

PageTop

最優先仕事。

before


after


この週末は蛍を見に、祖父母の家に遊びに行ってた息子が日曜日の夜に帰って来ました。
そして、「リュックのポケットが破れてるから縫って~」と。
で。
内側も見せつつ、「こんなにボロボロだから、これも全部縫って欲しいんだけど。」と。
「出来るなら、内側にポケットも付けて欲しいんだけど。」と。

今夜中に縫ってしまいたい明日納品の仕事があるんだけど…と、頭で考えつつ。
来週末は修学旅行の合同ミーティングがあるので、この状態で2週間は持ち堪えられないな!と判断。
迷ってる時間はない!

パイピングするにもバイアステープはないし…
小さな頃に着ていたパジャマの生地を引っ張り出して来た。

ま、いいんじゃないか?!

昨夜はサッカー観ててあまり寝てない息子は、さっさと寝てしまった。
意見は訊けないけど、これでいいかな。




PageTop

味噌作り。






120229_0929~01

北海道の秋場さんご夫婦の育てられた、無農薬大豆(乾燥) 1キロ。
糀 1キロ。
自然塩 400グラム。

先日、お味噌作りのワークショップをしていた友人が、自宅用に今夜作るので一緒にどう?と、
声をかけてくれました。
ワークショップの日は、納品前でゆとりがなく、それに参加者もすぐにいっぱいになったので断念してました。

それが、今夜は納品も済ませて、気分もすっきり!
久しぶりに会えたので、手を動かすとともに、おしゃべりも弾み、楽しい味噌作りの時間でした。
友人はとても手際もよく、段取りも完璧なので、あれよあれよと、あっという間に出来てしまいました。

楽しい気持ちで作ってたので、その気持ちが、このお味噌の味になればいいなぁ~。

最後は塩をふってラップして、重し(仕込んだ量の1/3~半分の重量)を乗せます。
でも更に!
酒粕で蓋をしました。
それでも梅雨の時季にカビが生えることもあるかも?ということですが、塩よりも有効だそう。
それに、この酒粕がまた美味しくなるんだそうです。
楽しみですね。

半年くらいで食べられるようになるんだそうですが・・・。
3年以上、常温で寝かせた味噌は薬になると言われてると教わりました。
大事に育てて、いえ、見守っていきましょう。(育ててくれるのは、糀さんです。)



PageTop

発酵。

塩糀と醤油糀とこれ。
あれこれ仕込みました。
2012-02-19 2042290001

はりきって(^^)大きなびんを買いました。
が、仕込んだ量はこんなにちょっぴり。

3月の誕生日会の時に、それぞれ持ち寄って飲み比べしてみます。

PageTop

この夏はまってるもの。③

これは新しい発見。

110818_1933~02

小豆ときな粉だけなら、よくある組みあわせだけど、それだけじゃないんです。

まず冷たいお皿に、絹豆腐を入れて、
ココナッツオイルをたらたらっと!
これが、味の決め手♪

冷たい豆腐に冷やされて、パリパリッと固まり、まるでチョコのような感覚。
味だけでなく、食感もたのしい♪

その上に塩小豆をたっぷりのせて、
きな粉には何も入ってないので、甘みはアガベシロップで。

くせになる美味しさ。

ふふ。
食欲ないくせに、このところ、食べもの日記のようなブログ。(笑)



仕事は、体調がいい時にやってます。
朝がいいみたい。
低血圧だからか?頭は働かないけど、手は規則正しく動いてくれるので。

110817_1817~02

涼しげなのが縫い上がりました。



PageTop

変身!

トリペルの物々交換市にて、100ゆいま~るで買った名刺フォルダー。



一晩で変身

110606_2029~01

冬に消しゴムはんこで名刺を作り

春になってようやく、名刺を手渡すことを始める。

だんだん慣れると、名刺交換ということになって、少しずつ頂いた名刺が増える。

増えてく名刺・・・ どうすればいいの?

名刺フォルダーを買おう!

たまたま出掛けた物々交換市で、ゲット。

でも、なんだか愛着持てず・・・

布・・・貼ってみよっかな?

プラスチックだし、縫えな~~い!!

ポケットはバリッと引き剥がす。

台紙は空き箱で。

好きな布でちくちくっと。

完成♪

PageTop

新しい感覚。

皆既月食・・・赤い月・・・ 見ること出来ませんでした。
そろそろかな?って思う頃、空は暗く、雲は厚くなり・・・ぽつぽつ雨が降り始めました。

このタイミング!?
なぜ???

でもでも、いいことありました~♪

11月のはじめの頃のこと。
友人に連れて行ってもらったごはん屋さんで、その店の主さん、私の箸袋に目を止められ・・・
「それ欲しい!欲しい!欲しい!」
手を広げて、私に暗示をかけられました。(多分)

ん・・・
これはあまった布だし、いい布あるかわからないし・・・
躊躇していた私。
でも暗示にかかる?!
こくりと頷いてしまった。

でも困ったことに、1週間経っても2週間経っても、1ヶ月経っても気が向かない。
箸袋を作ることが出来る大きさの布、それも適した素材の布でなくてはならないし。
今、そういう布ない!
やる気もない!

ところがびっくり!新感覚♪
月食鑑賞はあきらめ、月に詳しく色んなことを教えてくれる人と、夜ごはん。
楽しく月の話をして帰って来たら、ヒラメイタ☆

いっきに作り上げる。

101222_0536~01

いかがでしょう?

袈裟はもともとこうして小さな布をついで作ったのです。
写真は表からしか撮ってないけど、裏に生地を貼って二重(ふたえ)仕立て。
この作り方は、まさに洛子(らくす:臨済宗の袈裟のひとつ)の応用!

まいにち まいにち、ちくちく ちくちくやってる私は、単純作業が向いているということで。
袈裟の仕立ては想像力や創造力ではなく、算数・・・パズル感覚。
紋をきれいにバランスよく入れるためには、紋と紋との間隔を計算し、全体の中からどこでどの部分を取るかを数字ではじき出す。
そんな私が手づくりすると言えば、これまた直線のみで作る褌くらい。(笑)

こんな風にパッと閃いたこの感覚は初めて!
楽しかった~♪

雲の上では赤く光っていたお月さまの影響でしょうか?(笑)




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。